ドリップコーヒーを楽しもう

subpage01

ドリップコーヒーとは、焙煎されたコーヒー豆を挽いて粉状にしたものに、お湯を注いで抽出したコーヒーのことです。

その際、お湯に漬けるようにして抽出するやり方もありますが(コーヒープレスを用いた抽出法)、ドリップコーヒーの場合は、フィルターにコーヒーの粉をのせ、そこにお湯を通過させることでコーヒーの液を得ることになります。

この過程を自動化したコーヒーメーカーを用いる場合もありますが、手作業によって抽出するハンドドリップの味わいにはかないません。

ハンドドリップでコーヒーを淹れる場合、紙のフィルターを用いるやり方とネルを用いるやり方があります。

最高のドリップコーヒーのサイトが登場しました。

ネルは起毛した布のフィルターで、独特の味わいが得られるためにファンも多いのですが、ネルを使うたびに洗う必要があったり、ネルの保管が難しかったりするため、紙のフィルターを用いたハンドドリップの方が一般的です。紙のフィルターでドリップコーヒーを淹れるには、ドリッパーと紙のフィルター、そしてコーヒーサーバーが最低限必要です。コーヒーサーバーの上にドリッパーをのせ、そこにフィルターを敷いて、その上にコーヒー豆の粉を置いてお湯を注ぐことになります。


この時、豆は挽き立てのものを使うのが理想的ですので、家にコーヒーミルがあるといいでしょう。
無い場合は、お店で豆を買う時に粉末状に挽いてもらう必要があります。


お湯は沸き立てのものを使うのではなく、少し冷ましてから注ぎます。


また、いきなり必要な分のお湯を注ぐのではなく、まず粉の全体にお湯をかけて30秒ほど蒸らす必要があります。

Yahoo!知恵袋の価値ある情報を探してみてください。

さらに粉の量や挽き方の細かさによっても味は左右されるので、慣れや経験も必要です。
このようにハンドドリップは手間がかかる作業ですが、その分、様々な味の変化を楽しむことができます。