レギュラーコーヒーの魅力

subpage01

コーヒーのCMなどでよくレギュラーコーヒーという言葉を耳にします。


では、レギュラーコーヒーとはどのようなコーヒーのことでしょうか。

一般に、インスタント・コーヒーでないものをレギュラーコーヒーと呼びます。

多くの場合、コーヒー豆を挽いて粉状にしたものを用いて淹れたコーヒーを指すようです。この際、豆の状態で買ってきて自宅で挽いて淹れる人もいますし、お店ですでに粉末に挽かれたものを買ってくる人もいるようですね。

レギュラーコーヒーを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

コーヒーの味は豆の鮮度に左右されますから、飲む直前に自宅で挽く方がおいしいのはいうまでもありません。

日本経済新聞についてわかりやすく説明しています。

レギュラーコーヒーの淹れ方で一般的なのは、ペーパードリップです。


これは、サーバーに乗せたドリッパーに紙のフィルターを敷き、そこに挽いた粉を置いて上からお湯をかけて抽出するやり方です。

家庭でも簡単においしいコーヒーを飲む方法として広く普及しています。しかしお湯の注ぎ方などで味が左右される分、誰がやっても同じ味になるとは限りません。
もう一つよく知られている淹れ方は、ネルドリップです。
これは紙のフィルターではなく、起毛した布のフィルターを使うもので、より滑らかで味わい深いコーヒーを飲むことができます。

ネルは繰り返し使えるので、使い捨ての紙のフィルターよりも無駄がないのも利点です。
しかしネルは、使用後に洗浄したり、水に入れて冷蔵庫に保管する必要があるなど管理が難しく、初心者には手が出しにくいでしょう。


いずれにせよ、粉にお湯を注ぐだけのインスタントコーヒーよりもずっと味わい深いコーヒーが楽しめるのがレギュラーコーヒーの魅力です。一手間かかりますが、それもまた気分転換にはよいものですから、ぜひ挑戦してみてください。