医療的ケアと実務者研修が厚労省より必須の受験項目に

  • 給与計算の仕事をアウトソーシングする

    • 今は色々な仕事がアウトソーシングされています。
      最も簡単なのは事務職です。
      事務関係の仕事は特別な機密情報でもない限りは、アウトソーシングにしても大丈夫なので非常に人気があります。
      その一つが給与計算です。

      給与計算なんてものは、正直なところ、パソコンのスキルがそれなりにあれば誰にでも出来るものです。
      今は給与計算ソフトが開発されていますから、それが使えれば、後は入力をするだけなのです。


      もちろん、細かい調整などが必要になることもありますが、基本的には慣れてしまえばルーチンワークです。

      ですから、アウトソーシングで補っている企業は非常に多いです。厳密に言えば、給料に関することは個人情報の一つですから、あまり外注に出すのは避けたほうが良いことは確かなのですが、そのあたりは上手くやっているところが多いです。つまり、個人名ではなくIDや認識番号で管理することによって個人情報の流出を防いでいるのです。


      認識番号なんかを知ったところで、その認識番号が誰なのか、と言うことはアウトソーシングを請け負った側は知る術がないのです。そうしたところにはアクセスできないようにしておけばよいのです。

      アウトソーシングと言うのは、要するに外注に出すわけですから、まったく信用しないのも良くないことですが、信じ切ってしまうことは避けるべきであるといえます。

      あくまで外部の会社のことなのですから、十分に注意することが必要であるといえます。

      社内で給与計算を行う場合、専用のソフト使う他にエクセルを使った方法もあります。


      給与計算をエクセルで使うためには、シート内に関数を組み込み、自動で計算できるシステム作る必要があります。
      難しいように思えますが、一般的にエクセルが使える人なら問題なく作成することができます。


      全く知識のない人であれば本屋さんに行って初心者向けの本を買うのが良いです。
      1週間くらいあれば計算ソフトを作れるくらいのスキルを身につけることができます。
      関数を組み込んだシートを使えば、どれだけ社員がいても問題ありません。さらに細かい設定ができる給与計算ソフトを作りたいのであれば、プログラミングの勉強をする必要があります。エクセルで使うことができるプログラミング言語は他の言語に比べ、かなり簡単です。こちらも2週間しっかりと勉強をすれば、それなりのソフトを作ることが可能です。

      エクセルで作成することができれば、わざわざ家電量販店やパソコン専門店へ行き、ソフトを購入する必要がありません。


      経費削減にも繋がるため、自分で作るのが一番です。

      カスタマイズも自由自在なので勉強のついでに作成してみると良いです。

      社員にとってかなり重要な給与計算なので、自作するのは結構大変ですが、同時にスキルを得ることができます。

      プログラミングの知識も得ることができるため、今後も使い続けるのであれば勉強しておいて損はありません。


      誰でも簡単に始めることができます。

















  • 関連リンク

    • 良くドラマやマンガ等で警察と協力して事件を解決していくイメージがあります。じかし、実際はどういう関係にあるのか解説していきます。...

    • 会社によっては新入社員を教育する目的で様々な研修を行うところが少なくありません。それではこれが果たして給料をもらえるものなのかどうなのか労働基準法という法律にあてはめて考えていきましょう。...